目下、再建計画中のダイエー、一方、マイカルや寿屋の再建の支援に動いているジャスコ、両社のキャッシュフロー分析を比較してみました。
ダイエーについては、小売業のキャッシュフロー分析の1社として見てきていますが、ジャスコについては、今回初めてのキャッシュフロー分析になります。

8263 ダイエー                  単位:億円(端数切捨)
(損益) 1997.2期 1998.2期 1999.2期 2000.2期 2001.2期 (増減)
売 上 高 25055 24701 23426 22048 19805 -5250 21%減少
営業利益 25 -169 119 115 112 87
経常利益 5 -258 10 11 20 15
税引前利益 27 29 83 80 -2523 -2550  
(使用資産)          
売上債権 336 298 305 334 302 -34 10%減少
棚卸資産 1429 1444 1106 846 759 -670 47%減少
仕入債務 1529 1476 1305 1201 1054 -475 31%減少
必要運転資金 236 266 106 -21 7 -229
有形固定資産 3271 3267 3343 3121 3817 546 17%増加
投 資 等 6384 6136 5906 5523 5802 -582 9%減少
(負債・資本)          
借 入 金 6597 6982 6557 6278 7403 806 12%増加
株主資本 2600 2493 2468 2479 1804 -796 31%減少
売上高は、21%の減少です。
営業利益は、増加しています。

必要運転資金は、棚卸資産の半減で、マイナスになりました。

有形固定資産は、17%の増加。投資等は、9%の減少です。

借入金は、12%も増加しています。極めて苦しい財政状態です。
株主資本は、31%の減少です。

8267 ジャスコ
(損益) 1997.2期 1998.2期 1999.2期 2000.2期 2001.2期 (増減)
売 上 高 12954 12549 13143 14224 16235 3281 22%増加
営業利益 307 171 242 206 236 -71 23%減少
経常利益 298 195 247 238 257 -41 14%減少
税引前利益 291 195 151 183 57 -234  
(使用資産)            
売上債権 343 182 177 113 126 -217  
棚卸資産 868 1000 1010 1122 1303 435  
仕入債務 1573 1493 1511 1659 1885 312  
必要運転資金 -362 -311 -324 -424 -456 -94
有形固定資産 2388 2443 2741 3482 3763 1375 58%増加
投 資 等 3420 3357 3230 3885 3938 518 15%増加
(負債・資本)            
借 入 金 1453 1435 1333 1277 938 -515 35%減少
株主資本 2832 2932 2944 3146 3247 415 15%増加
売上高は、減少傾向にある小売業界の中で、25%も増加しています。
営業利益は、23%減少しています。Pダウンの影響でしょうか。
必要運転資金は、売上債権が減少しており、わずかながら、キャッシュフローが改善しています。
有形固定資産、投資等は、積極的な投資が続いています。
借入金は、515億円の減少です。
株主資本は、利益の積み重ねで、415億円の増加です。

ダイエー、ジャスコの2社を比較してみますと、明暗がハッキリと読み取れます。

ダイエーは、投資のツケに喘いでいますし、ジャスコは、さらに体質強化になっています。
なお、キャッシュフロー分析の明細の掲示は省略しました。

キャッシュフロー分析事例紹介
クリック
トップページへ
CF分析事例紹介に戻る
ダイエー、ジャスコのキャッシュフロー分析 島 武 三 2002.2.15